マナに包まれて Embraced by Mana

マナに包まれて Embraced by Mana

Play

タヒチの島々以上に「マナ」の存在を実感でき、そして「マナ」に愛されている場所はありません。「マナ」はタヒチの人々にとって、ある時はふれる事ができ、またある時は形を持たない究極の真実で、それは生きる力であり、聖なる存在であり、万物と常につながっていると考えられています。ここでは数組のカップルのタヒチの島々での体験を通して、その「マナ」の存在についてご紹介します。

See the Videos

ビデオをみる

マナでつながる118の島々

ソシエテ諸島

(This page has no content, it is only used for showing the title “Society Archipelago” on the map)

ボラボラ島

ボラボラ島は世界で最も美しく、ロマンチックな世界の中心にある島と言っても過言ではありません。完璧な白砂のビーチからエメラルド色のラグーンへと色を変え、ラグジュアリーなホテルやスパが、有名な「水上バンガロー」と共にボラボラ島の中に点在しています。ボラボラ島はまさに「ロマンチックな夢」が叶う場所なのです。

フアヒネ島

野性的な美しさと誰も知らない美しいビーチ。フアヒネ島は、タヒチの島々の中でも最も秘密めいた島でもあります。現代世界から遠く置き去りにされたかのようなフアヒネ島は、熱帯のジャングルに植物たちの濃密な息吹が漂い、またポリネシア文明の基礎とも言える遺跡の多く残る島です。ハイキングには持って来いの島で、探検好きの方にはたまらない魅力を持った島です。

ライアテア島

ライアテアとは、ポリネシア語で「遠くにある天国」あるいは「やわらかい空」という意味があります。この聖なる島はまた、タヒチの島々の中で最も重要な海洋拠点となっており、セーリング、フィッシング、ダイビングを楽しむ方には持って来いの島です。

タハア島

タハア島は、伝統的なタヒチアン・ライフの根付く場所です。花弁のような形をした島は、美しくなだらかな山の景観と、小さな無人島を取り囲むターコイズブルーのラグーン、あるいは高級なタヒチアン・バニラの産地として有名です。

テティアロア島

何か大切な物を感じる事ができる島。この島を訪れる人は皆から羨望の思いで見つめられる事でしょう。この島の名はテティアロア。海鳥やウミガメたちの天国、様々な種類の熱帯の魚たち、この神聖な島はかつてタヒチの王族が好んで滞在した避暑地でもありました。

タヒチ島

天空に聳える山々を頂き、タヒチ島は南太平洋に気高く佇む高貴な女王のように見えるでしょう。ここは人のざわめきとパラダイスが出会う島。そこには手付かずの自然が残る一方、ラグジュアリーなホテルやスパ、高級レストラン、お店やナイトライフを楽しめる、この島ならではの特別な魅力を持った島でもあります。

モーレア島

モーレア島は、まるでヨーロッパの古城のようなその美しい姿を南太平洋上に浮かべて静かに佇んでいます。急峻な崖を滑り落ちる滝、緑濃い山に咲き乱れる南国の花々は、ポリネシアを訪れる旅人の心を優しく包み込みます。

マルケサス諸島

マルケサス諸島は、タヒチの島々の中でも最も冒険好きの方に向いた旅先です。地理的にも他の島々から孤立した場所にあり、手付かずの自然は野性的な魅力に溢れています。野生の馬が草原を走り、300メートルを超える高さから落ちる滝と火山性の急峻な山肌の織りなす景色は壮観です。

ツアモツ諸島

海の野生動物の生態系(ワイルドライフ)を考えると、環礁で外洋から保護された温かく栄養豊富なラグーンを誇るツアモツ諸島は世界で最も豊かなエリアだと言えるでしょう。この地域はまた、丹青を込めて作られ、その品質の高さと色の豊富さから高額で取引される「ブラックパール」の名産地でもあります。

オーストラル諸島

南太平洋の最果てにひっそりとある、ミステリアスなオーストラル諸島を旅する人はほとんどいません。オーストラル諸島の訪問は、タヒチの島々を別の角度から見る素晴らしい機会です。真のハイダウェイを求めるのであれば、この島々での滞在は想像を遥かに超える満足を与えてくれる事でしょう。

ガンビエ諸島

タヒチ島から300km以上南東に離れた場所にあるガンビエ諸島。ポリネシアの半神半人マウイが海底から持ち上げてきたと言われ、この地域には美しい珊瑚礁に取り囲まれた最も古い教会のある事で有名なマンガレバ島があります。

Popular Activities on ソシエテ諸島

Popular Activities on ボラボラ島

  • ロマンチックな水上バンガローに滞在

ロマンチックな水上バンガローに滞在

いわゆるホテルの客室とは程遠い、昔ながらのかやぶき屋根のバンガローは、ターコイズブルーのラグーンの水の上に立っています。ガラス張りのフロアの下では熱帯魚が遊泳し、海と空だけに囲まれたプライベートバルコニーで朝食を楽しめます。朝食はカヌーで運ばれ、夕焼けは天の贈り物です。

  • 魚を眺め海の上でのピクニック

魚を眺め海の上でのピクニック

ボラボラ島は世界で一番美しいラグーンに浮かぶ火山島です。白い砂浜でのモツピクニックのロマンスは格別です。海に囲まれたプライベートテーブルには料理人の他に誰もいません。目の覚めるようなパノラマの景観が広がっているだけです。

  • 絶景ハネムーンフォトを撮る

絶景ハネムーンフォトを撮る

結婚を記念して、ロマンティックな午後にハネムーン写真ツアーに出かけませんか。美しい風景の前でキスを交わし、ターコイズブルーのラグーンでダイビングし、ココナツ入りのシャンパンで乾杯し、素敵な思い出を抱いて帰路につきます。記念写真はプロのカメラマンが撮影してくれます。

  • エイと一緒に泳いでみた

エイと一緒に泳いでみた

ボラボラ島のエイは、まるで空色のラグーンを飛翔して別の世界からやって来たかのようです。浅瀬でエイに囲まれるとバレエを踊るような優雅な泳ぎに魅了されるでしょう。

Photos of ボラボラ島

Popular Activities on フアヒネ島

  • 世界のカヌーレースの頂点

世界のカヌーレースの頂点

ポリネシアで最も人気の高いスポーツはカヌーです。11月には世界最大規模で最長距離の国際外洋アウトリガーカヌーレース「ハワイキヌイヴァア」がフアヒネ島でスタートします。スタートとゴールの日には、ご馳走と音楽とダンスの盛大なフェスティバルが開催されます。

  • 神々の地を訪れる

神々の地を訪れる

マエバ村はフアヒネ島の豊かな歴史を深く知るには絶好の場所です。無数の「マラエ(古代の宗教遺跡)」や他の考古学遺跡が、この伝統的な村の周辺に集中しています。先祖伝来の石打漁の道具が今も使われ、発掘作業で発見された遺物は教育博物館に展示されています。

  • ジェットスキーには最高

ジェットスキーには最高

フアヒネ島のラグーンはジェットスキー探検で有名です。遠浅の浜、人里離れた大きな入り江、静かな海岸は、心を解放し、冒険心を駆り立てます。ガイドツアーでは、プライベートビーチや小島でピクニックするために頻繁に休憩します。

Photos of フアヒネ島

Popular Activities on ライアテア島

  • ポリネシア文化のゆりかご

ポリネシア文化のゆりかご

ライアテア島は、ポリネシアントライアングルの最大かつ最古の大規模な「マラエ」を擁しています。王族の就任式や、政治協定の締結や、国際会議はここで行われていました。現在でもハワイやニュージーランド、クック諸島の人々は、神聖な文化的故郷を尊んで、この巡礼地に集まります。

  • ラグジュアリーなヨットからライアテアを眺める

ラグジュアリーなヨットからライアテアを眺める

ライアテア島は、タヒチ・アイランズの中で最もヨット遊びに適したロケーションです。多くのチャーター事務所やマリーナがこの島の周辺に本拠を置いています。島には数多くの係留地があり、火山の噴火口や滝の間にはヨットが停泊できる入り江があり、ヨット遊びに適した自然環境に恵まれています。

  • ユニークな自然遺産

ユニークな自然遺産

テメハニ山にはティアレアペタヒが自生しています。世界でもここにしかない珍しい花です。半円形の白い優雅な花はライアテア島のシンボルです。パチパチとはじけるような奇妙な音を立てて早朝に花を開きます。

Photos of ライアテア島

Popular Activities on タハア島

  • ディープブルーを体験

ディープブルーを体験

熟練ダイバーのお気に入り(しかもまだあまり知られていない)はライアテア島とタハア島のラグーンです。そこには、驚くほどのタコの巣穴、大きな洞窟、有名な沈没船、断崖、ウナギやメジロザメが遊泳するコーラルガーデンが広がっています。そして双子の島のハイライトは巨大なナポレオンフィッシュです。

  • バニラ農園を訪ねてみた

バニラ農園を訪ねてみた

通称バニラアイランドと呼ばれるタハア島は、島全体に芳しい香りが漂っています。世界的に有名なスパイス、タヒチアンバニラの80%以上がこの島で栽培されています。バニラ園ツアーでは、樹木に蔓を絡めて成長するバニラの栽培地を散策し、人工受粉やキュアリングのデモンストレーションも見学できます。

  • パティオの村

パティオの村

サンゴに姿を変えられた双子の魂に呪われたと伝えられる静かな村。ライアテア島の北岸に位置しています。ピクニックやダイビング、ただのんびりくつろぐにも最適のスポットです。

Photos of タハア島

Popular Activities on テティアロア島

  • 海鳥の聖域

海鳥の聖域

どこか知らない場所だと感じても、すぐにその名前を覚えます。それがテティアロア島です。鳥やウミガメや、あらゆる種類の海洋生物の安息の地です。この聖なる島はかつてタヒチの王族の避暑地でした。

  • ハイエンド・エコリゾート ザ・ブランド

ハイエンド・エコリゾート ザ・ブランド

ザ・ブランドは、このエコホテル独自の新たな環境基準を作るために豪華さと自然保護を融合させました。有名な俳優マーロン・ブランドが計画したリゾートは、太陽光発電やココナツオイルを利用して、すべてのエネルギーが再生可能エネルギーで賄われています。研究、環境保護、教育に貢献する科学研究エコステーションも併設されています。

  • ヘリコプターからラグーンを眺めてみた

ヘリコプターからラグーンを眺めてみた

豪華なヘリコプターをチャーターして、回転翼からバーズアイランドを鳥瞰しましょう。上空から見下ろすと、白い砂浜と透明なラグーンに囲まれた島がエデンの園を連想させます。

Photos of テティアロア島

Popular Activities on タヒチ島

  • タヒチアン・カルチャーを体験する

タヒチアン・カルチャーを体験する

タヒチ島、とりわけパペーテでは、ユニークでクリエイティブなあらゆる種類の芸術を楽しむことができます。「オリタヒチ」と呼ばれる魅惑的なタヒチアンダンスショーを堪能し、モダンアートの展覧会を訪れ、伝統的な音楽会を鑑賞しましょう。

  • 波、風、空のサーフィン

波、風、空のサーフィン

古代ポリネシア人のスポーツ、サーフィンのスリルに勝るものはありません。タヒチ島は世界最大級の国際大会の開催地です。のんびりくつろぐ方法が一つではないように、サーフィンのやり方も一つではありません。フライサーフィン、カイトサーフィン、ウィンドサーフィン、それに普通のサーフィンにもチャレンジしましょう。

  • パペノー谷

パペノー谷

ハイキングやマウンテンバイクや4WDでパペノー渓谷を訪れるなら、ガイド同伴をお勧めします。島を縦断して広がるこの渓谷は、考古学遺跡や、多くの印象的な滝がアクセントを添える壮大な田園地帯に恵まれています。

Photos of タヒチ島

Popular Activities on モーレア島

  • 天然の遊び場

天然の遊び場

森林に覆われた火山や、無数の滝や、深い小峡谷のあるモーレア島でのキャニオニングは、ツーリストの魂を揺さぶります。鬱蒼とした熱帯雨林をトレッキングし、4WDでパイナップル畑を突っ走り、山の高台でひと休みしましょう

  • 海中散歩

海中散歩

海の中には別の世界が広がっています。ユニークな海中散歩ツアーは色鮮やかな魚やサンゴの世界にご案内します。魅惑的な珍しい生き物たちの世界をお見逃しなく。

  • 着想のみなもと

着想のみなもと

モーレア島には多くの芸術家が住んでいます。画家、彫刻家、宝石職人、タトゥーアーティストがこの島に定住し、時を惜しまず島の美しさや穏やかさを写し取り、創作のインスピレーションを得ています。

Photos of モーレア島

Popular Activities on マルケサス諸島

  • 鞍なしの馬にのってみた

鞍なしの馬にのってみた

マルケサス諸島を散策すると、おとぎの国に入り込んだかと錯覚します。馬に乗って高い山々や、人里離れたビーチ、木々に隠された滝、深い森の中を探検しましょう。気の向くままに、誰も足を踏み入れていない場所まで行ってみましょう。

  • ゴーギャンの夢

ゴーギャンの夢

「ポール・ゴーギャンの島」として有名なヒバオア島は、雄大な歴史の古い島です。荒涼とした自然のままの景色や、巨石彫刻「チキ」や、奇怪な景観が、画家ポール・ゴーギャンの原始的な色彩感覚や、詩人ジャック・ブレルの情熱的な言葉を生み出すインスピレーションの源になったことで知られています。

  • 文化と自然のショーケース

文化と自然のショーケース

この地の手つかずの自然には強烈な魅力があります。マルケサス諸島はタヒチ・アイランズの中で最も優れた職人の聖地と言われています。見事な巨石彫刻、美しいタトゥー、驚くほど繊細な宝飾品。それらすべてが職人たちの文化的才能の再生を証明しています。

  • ティキの国

ティキの国

タアアオア島は、手つかずの原始の自然の中に、古代の巨石彫刻やティキ像が点在する広大なエリアです。マルケサス諸島最大の「ティキ」で、微笑みを浮かべたユニークな彫像「タカイイ」が豊かな植生の陰に隠れています。

Photos of マルケサス諸島

Popular Activities on ツアモツ諸島

  • ディープブルーを体験

ディープブルーを体験

ランギロア島では、世界で最も興奮するダイビングを楽しめます。シュモクザメや人懐っこいイルカの群れ、カイワリの大群とともに潮流に乗り、環礁の切れ目を抜けて光り輝くラグーンに投げ出されます。そこに魚の群れが集まって来て祝福してくれます。

  • 空を飛ぶように泳いでみた

空を飛ぶように泳いでみた

ティケハウ島をとり囲む波の荒い海には、マカジキやキハダマグロなどの大型魚が大量に棲息しています。熟練の漁師が初心者に手ほどきし、本格的なゲームフィッシングマニアには穴場を教えてくれます。

  • マティスのブルー

マティスのブルー

フランスの有名な画家アンリ・マティスがファカラバ島を訪れたとき、ラグーンのブルーの色合いの無限のグラデーションに魅了されました。色彩は自己を解放するものだと主張し、このとき見た青色の衝撃がマティスを新たな創造美に駆り立てたほどです。

Photos of ツアモツ諸島

Popular Activities on オーストラル諸島

  • 珊瑚の島を歩いてみた

珊瑚の島を歩いてみた

海からそびえ立っているのは、コーラルアイランド、ルルツ島の切り立ったコーラルクリフです。カヤックやボート、4WDやバイク、そして乗馬で、洞穴に蝕まれ、伝説に満ちたルルツ島の山々や、海食崖や海食洞、古代のマラエ、無人のモツを探検しましょう。

  • ザトウクジラと泳いでみた

ザトウクジラと泳いでみた

ルルツ島には毎年ザトウクジラがやって来ます。ザトウクジラは、透明で穏やかな水の中で交尾や出産をするために7月~11月にこの島にやって来ます。母クジラと子クジラは水中を遊泳しますが、オスとメスはコミュニケーションを取り合い、ホエールウォッチャーの目を楽しませます。

  • タヒチの考古学を考えてみた

タヒチの考古学を考えてみた

ツブアイ島の周辺ではヨーロッパ人が訪れる前の考古学遺跡が今も数多く発見されています。その多くは豊かな植生の陰に隠され、打ち捨てられた様子ですが、よく手入れされたいくつかの遺跡は一見の価値があります。

  • ツブアイ島を訪問

ツブアイ島を訪問

火山性の肥沃な土壌に恵まれたツブアイ島は、タヒチ・アイランズの穀倉地帯です。主島の市場には、昔ながらの農法で栽培された果実が溢れています。サファイアブルーのラグーンや感動的なタイタ山が冒険心を駆り立てます。

Photos of オーストラル諸島

Popular Activities on ガンビエ諸島

  • 島内一周観光

島内一周観光

この群島の静かな小道や海岸は、のんびり探検するのに絶好の場所です。息をのむほど美しいラグーンにボートやカヌーを浮かべ、小さなモツや入り江、ビーチを眺めながら航行します。車やバスで、緩やかに起伏する丘陵の曲がりくねった道を進み、森を抜けると、素晴らしいパノラマの景観が広がります。

  • 珊瑚の教会

珊瑚の教会

かつてはタヒチ・アイランズのカトリック信仰の中心地だった名残として、1800年代以降に建てられた数多くの教会、女子修道院、望楼、学校の廃墟が残されています。チラチラ光る真珠貝の象嵌細工の祭壇が残るサン=ミシェル・リキテア教会をはじめ、今でも使用されている建物もあります。

  • ブラックパールのつくり方

ブラックパールのつくり方

世界的に有名な虹色の光沢がある「ブラックパール」は、タヒチの温かいラグーンの水でしか育ちません。マンガレバ島はブラックパールの一大生産地です。呼び名は「ブラック」ですが、カラーレンジは黒だけではなく、光り輝くグリーン、ブルー、ブロンズ、濃い紫、ピンクのものまであります。

Photos of ガンビエ諸島

終わりなき冒険の旅。

  • ポリネシア文化のゆりかご

    ライアテア島は、ポリネシアントライアングルの最大かつ最古の大規模な「マラエ」を擁しています。王族の就任式や、政治協定の締結や、国際会議はここで行われていました。現在でもハワイやニュージーランド、クック諸島の人々は、神聖な文化的故郷を尊んで、この巡礼地に集まります。

  • 波、風、空でサーフィンを楽しむ

    古代ポリネシア人のスポーツ、サーフィンのスリルに勝るものはありません。タヒチ島は世界最大級の国際大会の開催地です。のんびりくつろぐ方法が一つではないように、サーフィンのやり方も一つではありません。フライサーフィン、カイトサーフィン、ウィンドサーフィン、それに普通のサーフィンにもチャレンジしましょう。

  • タヒチアン・カルチャーを体験する

    タヒチ島、とりわけパペーテでは、ユニークでクリエイティブなあらゆる種類の芸術を楽しむことができます。「オリタヒチ」と呼ばれる魅惑的なタヒチアンダンスショーを堪能し、モダンアートの展覧会を訪れ、伝統的な音楽会を鑑賞しましょう。

  • 神々と出会う旅

    マエバ村はフアヒネ島の豊かな歴史を深く知るには絶好の場所です。無数の「マラエ(古代の宗教遺跡)」や他の考古学遺跡が、この伝統的な村の周辺に集中しています。先祖伝来の石打漁の道具が今も使われ、発掘作業で発見された遺物は教育博物館に展示されています。

  • ジェットスキーを楽しむにはうってつけ

    フアヒネ島のラグーンはジェットスキー探検で有名です。遠浅の浜、人里離れた大きな入り江、静かな海岸は、心を解放し、冒険心を駆り立てます。ガイドツアーでは、プライベートビーチや小島でピクニックするために頻繁に休憩します。

  • 世界のカヌー・レースの頂点

    ポリネシアで最も人気の高いスポーツはカヌーです。11月には世界最大規模で最長距離の国際外洋アウトリガーカヌーレース「ハワイキヌイヴァア」がフアヒネ島でスタートします。スタートとゴールの日には、ご馳走と音楽とダンスの盛大なフェスティバルが開催されます

  • ラグジュアリーなヨットでライアテアを楽しむ

    ライアテア島は、タヒチ・アイランズの中で最もヨット遊びに適したロケーションです。多くのチャーター事務所やマリーナがこの島の周辺に本拠を置いています。島には数多くの係留地があり、火山の噴火口や滝の間にはヨットが停泊できる入り江があり、ヨット遊びに適した自然環境に恵まれています

  • 時を忘れて海中を舞う

    熟練ダイバーのお気に入り(しかもまだあまり知られていない)はライアテア島とタハア島のラグーンです。そこには、驚くほどのタコの巣穴、大きな洞窟、有名な沈没船、断崖、ウナギやメジロザメが遊泳するコーラルガーデンが広がっています。そして双子の島のハイライトは巨大なナポレオンフィッシュです。

  • パペノー谷

    ハイキングやマウンテンバイクや4WDでパペノー渓谷を訪れるなら、ガイド同伴をお勧めします。島を縦断して広がるこの渓谷は、考古学遺跡や、多くの印象的な滝がアクセントを添える壮大な田園地帯に恵まれています。

  • バニラ農園を訪問

    通称バニラアイランドと呼ばれるタハア島は、島全体に芳しい香りが漂っています。世界的に有名なスパイス、タヒチアンバニラの80%以上がこの島で栽培されています。バニラ園ツアーでは、樹木に蔓を絡めて成長するバニラの栽培地を散策し、人工受粉やキュアリングのデモンストレーションも見学できます

  • 絶景ハネムーンフォトを撮ろう

    結婚を記念して、ロマンティックな午後にハネムーン写真ツアーに出かけませんか。美しい風景の前でキスを交わし、ターコイズブルーのラグーンでダイビングし、ココナツ入りのシャンパンで乾杯し、素敵な思い出を抱いて帰路につきます。記念写真はプロのカメラマンが撮影してくれます。

  • 水上バンガローでロマンチックに過ごす

    いわゆるホテルの客室とは程遠い、昔ながらのかやぶき屋根のバンガローは、ターコイズブルーのラグーンの水の上に立っています。ガラス張りのフロアの下では熱帯魚が遊泳し、海と空だけに囲まれたプライベートバルコニーで朝食を楽しめます。朝食はカヌーで運ばれ、夕焼けは天の贈り物です。

  • エイと泳いでみた

    ボラボラ島のエイは、まるで空色のラグーンを飛翔して別の世界からやって来たかのようです。毒針は不気味ですが、浅瀬でエイに囲まれるとバレエを踊るような優雅な泳ぎに魅了されるでしょう

  • 海鳥の聖域

    テティアロア島は、シロアジサシ、カツオドリ、グンカンドリ、アカオネッタイチョウ、なかでも珍しいオオを保護する、タヒチ・アイランズ最大のバードコロニーです。鳥たちは繁殖のために、自然環境が大切に保全されているこの無人の保護区にやって来ます。

  • 究極のハイエンド・エコリゾート ザ・ブランド

    ザ・ブランドは、このエコホテル独自の新たな環境基準を作るために豪華さと自然保護を融合させました。有名な俳優マーロン・ブランドが計画したリゾートは、太陽光発電やココナツオイルを利用して、すべてのエネルギーが再生可能エネルギーで賄われています。研究、環境保護、教育に貢献する科学研究エコステーションも併設されています

  • ザトウクジラと泳いでみた

    ルルツ島には毎年ザトウクジラがやって来ます。ザトウクジラは、透明で穏やかな水の中で交尾や出産をするために7月~11月にこの島にやって来ます。母クジラと子クジラは水中を遊泳しますが、オスとメスはコミュニケーションを取り合い、ホエールウォッチャーの目を楽しませます。

  • 未知の考古学的価値

    ツブアイ島の周辺ではヨーロッパ人が訪れる前の考古学遺跡が今も数多く発見されています。その多くは豊かな植生の陰に隠され、打ち捨てられた様子ですが、よく手入れされたいくつかの遺跡は一見の価値があります。

  • ブラックパールのつくり方

    世界的に有名な虹色の光沢がある「ブラックパール」は、タヒチの温かいラグーンの水でしか育ちません。マンガレバ島はブラックパールの一大生産地です。呼び名は「ブラック」ですが、カラーレンジは黒だけではなく、光り輝くグリーン、ブルー、ブロンズ、濃い紫、ピンクのものまであります。

  • 鞍なしの馬にのってみた

    マルケサス諸島を散策すると、おとぎの国に入り込んだかと錯覚します。馬に乗って高い山々や、人里離れたビーチ、木々に隠された滝、深い森の中を探検しましょう。気の向くままに、誰も足を踏み入れていない場所まで行ってみましょう。

  • ティキの島

    タアアオア島は、手つかずの原始の自然の中に、古代の巨石彫刻やティキ像が点在する広大なエリアです。マルケサス諸島最大の「ティキ」で、微笑みを浮かべたユニークな彫像「タカイイ」が豊かな植生の陰に隠れています。

  • 南太平洋の大物を狙う

    ティケハウ島をとり囲む波の荒い海には、マカジキやキハダマグロなどの大型魚が大量に棲息しています。熟練の漁師が初心者に手ほどきし、本格的なゲームフィッシングマニアには穴場を教えてくれます。

  • ディープブルーを体験

    ランギロア島では、世界で最も興奮するダイビングを楽しめます。シュモクザメや人懐っこいイルカの群れ、カイワリの大群とともに潮流に乗り、環礁の切れ目を抜けて光り輝くラグーンに投げ出されます。そこに魚の群れが集まって来て祝福してくれます。